ごあいさつお問い合わせ リンク集 サイトマップ

公設市場のあゆみ


公設市場の開設の経緯

 会津若松市公設地方卸売市場は、会津における唯一の公設市場として、昭和50年10月に開設されました。それ以前は、会津広域の生鮮食品流通におけるさまざまな問題がありました。

  • 消費品目の不足のため、その選択に制限があった。
  • 生産者にとっては小規模な市場が多く、品揃えに難があったり、情報の不徹底や特産化対策の遅れを生んだ。
  • 交通渋滞や駐車場不足など交通安全の面の問題。

公設市場の開設は、そうした問題点をほぼ解消するために開設され、30年の時を経て現在に至っております。


公設市場の役割について

私たちの食生活に欠かすことのできない野菜・果実、魚介類等の生鮮食料品等は、一般の商品と違って下記のような商品特性を持っています。

  • 生産量が自然条件による影響を強く受ける。
  • 商品の性質上、一定した質・規格、長期保存が困難である。
  • 生活必需品として、毎日の仕入、販売が不可欠。
  • 消費の多様化に伴い豊富な品揃えが必要。

このため他の物品とは異なる流通経路が形成されています。多種多様の品物は1ヶ所に集められ、卸売によって集中的かつ能率的な取引が行われています。この運営を行うのが、公設市場の役割です。


市場の30年のあゆみ

昭和50年
 
3月

会津若松市公設地方卸売市場建設に係る工事完了
10月
会津若松市公設地方卸売市場開場
卸3社、仲卸6社、関連店舗15社入場
公設地方卸売市場運営協議会設置、公設地方卸売市場協力会設置(現在の市場協会)
昭和51年
2月
水産部仲卸業者2社入場。
昭和53年
11月
青果部卸売業者1社入場。条例に基づく卸売4社、仲卸8社すべて入場。
昭和55年
8月
新関連店舗および倉庫を買収
昭和58年
3月
青果部仲卸売場事務所および駐車場の工事完了、使用開始。
昭和60年
10月
市場開設10周年記念式典・市場まつり開催
平成 5年
 
1月
バナナ熟成装置改修工事(水冷→空冷)
4月
(会津大学が開学)
平成 7年
10月
市場開設20周年記念式典・市場まつり開催
平成 8年
6月
公設市場花き部開場
卸1社、仲卸1社、関連店舗1社入場
平成 9年
10月
(磐越自動車道全線開通)
平成11年
10月
会津若松市市制100周年記念市場まつり開催
平成12年
10月
市場開設25周年記念市場まつり開催
平成16年
11月
高架水槽塔改修工事
(野口英世博士の新千円札発行・アテネ五輪)
平成17年
 
9月
市場開設30周年記念式典開催
10月
市場開設30周年市場まつり開催
3月〜9月 (愛・地球博=愛知万博開催)
▲このページのトップへ
会津若松市公設地方卸売市場